2016年03月11日

平成28年 都立入試問題 の 出題ミス

今、ニュースになっている

「平成28年 東京都立高校 入試問題の出題ミス」について、
些か感じるものがあったので、思いの丈を書いてみました。

↓↓ http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/pickup/p_gakko/28nyusen/mondai_r.html より

平成28年度東京都立高等学校入学者選抜学力検査問題(理科)に関する見解について

* この問題は、設問中の図1と図2の観察結果を踏まえ、図3で示した地球上の観察位置から、
 火星、金星、月の位置関係を読み取る問題である。
* 図3に示した各天体を正確な縮尺で表すと、天体間の距離を含めて正しく表現できないこと
 から、図3のように模式的に表すとともに、問題文の中に、「図3は,〜模式的に表したもの
 である。」との表記を付記した。
* 月が図1のような位置や形に見えるとき、地球と月の位置関係は、図3に示したようになる。
 なお、受検生が中学校で学んだ知識などを活用して、図1のような位置関係で図2のようになる
 図3の金星の位置を確実に選択できるようにするために、正答となる金星の位置を実際の位置
 から移動して、図3に示したイの位置においたものである。
* 本問の作成に当たっては、天文学的な正確さよりも設問の的確性を優先させている。

↑↑ http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/pickup/p_gakko/28nyusen/mondai_r.html より

続き・・・


posted by Jack at 15:01| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。